猫ぱんち攻略法

猫ぱんちの秘密

仕草といい、必死さといい、見ていて可愛いですよねぇ?猫ぱんち。
でも繰り出してる猫にとっては真剣そのものです、そんな猫ぱんちの意味についてまとめてみました〜



どんな時にする?

猫ぱんちにも種類があります。
状況に応じたぱんちがありますので飼い主さんが相手の時・・・爪を出されたら無事ではすみません。理由と気持ちを知って本気ぱんちをもらわないようにしましょう〜。

遊びたい時

猫は動く物に敏感で興味深々です。もともと獲物を狩猟して生きてきた本能ですね、この時は爪を出さずにちょいちょい触る程度〜様子見のぱんちなのでどんどんやって欲しいですw
ただし、小さい時に親兄弟と離れている場合は力の加減がわからないこともありますのでジャブ=ストレートみたいなことになりかねませんのでご注意ください。

不満がある時

気まぐれな猫は撫でてても突然攻撃的になることってありますよね?
「もう〜しつこいな!」という感じで不快になるんだそうです。尻尾がバタバタ動き出したら要注意です。

当然ケンカの時

そもそも猫は争いごとは嫌いな動物なんですが、縄張り意識が強いため攻撃的になることも多いです。
強さを誇示し、牽制するためにまずは鳴き声、それでもダメなら威嚇のためにジャブの意味でのぱんち・・・反撃されると次からは本気のぱんちとなります。
この場合は爪が出てるので飼い主としては本気のぱんちは避けたいところですね。

外敵が縄張りに侵入した時

室内飼いの猫にとって縄張りは家全体となりますので、家に来るお客さんは猫にとって自分の縄張りに入ってきた外敵となります。
とは言っても気まぐれな猫の好き嫌いによりますから注意しましょう。
小さなお子さんの場合は無警戒に手を出しがちで怪我の原因になりますので特に注意が必要です。

でも猫ぱんちってされると気持ちいいんですよね〜