猫を迎える前にしておくこと(環境編)

猫を迎える前にしておくこと(環境編)

猫ちゃんを迎えるにあたって〜家の環境を整えたり、準備しないといけない物もたくさんあります。



部屋を片付けましょう

猫と一緒に暮らすスペース(部屋?)にも安全に配慮しないといけません。アクセサリーや裁縫道具など刺さったりするような物が出ていませんか?
食べ物や調味料、お菓子などもしまっておかないと誤飲しちゃます。人間の食べ物には猫にとっては毒になるものが多いですよ〜必ず片付ける習慣をつけておきましょう。

想像以上に猫はどこへでも入ります

こっそりと冷蔵庫の上を掃除してくれた子猫だった頃のうちの黒猫・・・足場なんてなかったはずなのにwびっくりしたのを覚えてます。タンスや物入れの上に落ちたら人&猫に危険な物はありませんか?もしあるなら片付けて棚などは固定しておきましょう。

地震対策にもなりますからね・・・

観葉植物には気をつけて

観葉植物にも猫にとって毒となるものが多いです。ユリ科の植物は猫には特に危険なんです。代表的なものはユリ・スズラン・シクラメン・ポトスなど。
揺れる葉っぱに反応して口に入れちゃうと大変です。もしあるなら絶対に猫が入らない部屋に置きましょう。

部屋の設備も注意です

電気コードはきれいにまとめてカバーをするのがおすすめです。
出ているコードにじゃれついて爪や牙で破損させて
感電や漏電→火事なんて冗談にもなりません・・・
使ってない差し込みにもカバーをしておくのもいいですね〜100均でも売ってました。

戸締りはキチンと

窓や網戸も鍵をかけるようにしましょう。特に網戸やカーテンは仔猫にとってジャングルジムみたいなものです。ちょっと大きくなれば窓も開けちゃう猫もいますので脱走防止用のロックなど準備しましょう。
カーテンも登りますよ!高価なものを使ってる場合は外しましょう(いつ戻せるかはわかりませんが・・・)

壁や床も傷つきます

賃貸の方はカーペットなどを敷くなどして傷に注意しましょう。畳で爪研ぐ猫もいますからね〜
敷物を敷いたとしても・・・猫はよく吐く生き物ですw覚悟してください。

お風呂場は進入禁止

お家の中で一番事故の起こりやすい場所がお風呂です。浴槽に水を貯めている風呂の蓋に乗ってバランス崩して水の中に・・・外出中にでもそれが起きたら悲しいことになります。
お風呂場は進入禁止にできるようにしておきましょう。

猫は開けます

人が思っているよりも猫は力が強く・・・頭もいいです。
戸締りはキチンとの項目でも書きましたが引き戸はもちろん、レバー式のドアノブですら飛びついてぶら下がって開けちゃいます。
入ってはいけない部屋がある場合は開けられないような対応をしましょう。鍵をかけるのが一番でしょうけど・・・そこまでするべきか・・・

スペースが必要です

猫ちゃんのためのスペースを空けてください。
・トイレ
・ご飯の場所
・ケージ
・安心できる寝床
最低でも迎える前にはトイレを置くスペースを確保しておきましょう。

でも・・・子猫を迎え入れる前ってワクワクドキドキする楽しい時間なんですよねwもちろん来てからは別の楽しさがありますが〜