猫の肥満はどうして?

猫の肥満の原因について

うちの15歳の猫は7〜8歳くらいの時6Kg以上ありました。

獣医さんに「病気にかかりやすくなるからダイエットしましょう」と宣告wされました。
ぽっちゃりしてて可愛いのですが病気になるのは困りますので(それでも病気にかかりました)
食事制限したり運動を増やしてみたりと14歳時点で4.4Kgまで落とすことに成功。



基本的に猫のダイエットは肥満による病気を未然に防ぐことが目的となります。

肥満の原因

ほとんどの猫の肥満の原因は過食です。
好きな時に好きなだけ食べられる状況と猫の要求や関心を引くために
おいしい缶詰やおやつなどを与えがちですよね?

そのため過剰に栄養やカロリーを摂取し肥満傾向にぃぃぃぃ
5歳くらいからその傾向が高くなり12歳までの家猫の約40%が肥満傾向にあると言われています。

もちろん運動不足も肥満の一因です。
一度太ってしまうと動くのが面倒になりさらに過剰なカロリー摂取・・・
と負の連鎖になります。年齢による基礎代謝の低下もありますので運動量が下がり・・・
結果カロリー過剰摂取となります。

その他にも不妊・去勢手術後、ホルモンバランスの変化や基礎代謝の低下や
食欲増進などにより肥満傾向になる場合もあります。

肥満になるとど〜なる?

肥満とは過剰な脂肪が蓄積された状態です。
当然、体重が重くなり関節や靭帯への負担も大きくなりますので
靭帯や椎間板を痛めやすくなります。
例えば適正体重が4Kgの猫の場合1Kg増えるということは
50Kgの人間に換算すると12.5Kg増えるということです。

そりゃ関節とかも痛めるわけです

加えて体重が増えるということは
重い荷物を背負って動くってことになりますので
筋肉に血液を送り出すポンプである心臓にも負担となります。

首回りに脂肪がつくと・・・気道が圧迫されて呼吸がしにくくなります。

消費カロリーより摂取カロリーが高いってことですのでさらに進むと
体内のインシュリン抵抗性が高まり糖尿病を発症する可能性が増大します。

そして・・・緊急手術などが必要になった場合に
全身麻酔の効果を薄めることになりますから
手術自体の難易度を上げる結果になります。

肥満って怖いですよね!
ふっくらした猫ちゃんは見てるだけでニヤニヤしちゃいますが〜
哀しい結果を迎えないためにも食事には気をつけて〜
年齢に応じた動きで遊んでもらいましょうw