猫の爪切り忘れないで

猫の爪切りについて

猫は爪研ぎをして自分で爪のお手入れをしますけど
そのままだと鋭く尖った凶器です
狩りのための武器ですから仕方ないですよね

完全室内飼いの猫は実際の狩りをしないで
いいのですから飼い主さんの怪我防止のためにも
定期的な爪切りは大切です。

爪が伸びてるとど〜なる?

家具が傷つきますw

伸びてると「ムズかゆいらしい」ので
爪研ぎの回数が増えますよ〜

ダンボールの爪研ぎでは物足りないようで
縄のを使い・・・それでも満足しないと・・・

壁やソファーで始めます!
まあ結構な飼い主さんが諦めてることでは
あると思いますが・・・

伸びすぎると怪我します

爪の先端が鋭い状態で出っ放しになるので
多頭飼いの場合は遊んでる時に
相手を傷を付けちゃうこともありますよ

高齢猫の場合は伸びっぱなしにすると
「巻き爪」状態になります
そのまま放置すると弧を描くように伸びていって
肉球に突き刺さって外科手術になる場合もあります。

若い猫の場合は薄皮みたいな爪が剥けるのですが
高齢猫の場合はそのまま硬質化して太くなります
切りにくくなるからね〜〜

こまめなチェックが必要です

爪切りに必要なもの

猫用爪切り(これにつきますねw)

人間用の物でも代用可能ですが
猫の爪を切るのに最適な丸いカーブした刃ですので
購入した方がいいですね

ハサミタイプとニッパータイプがあります。

他にも筒状のノック式のを見た記憶がありますので
気になった方は探してみてください。

爪の構造

猫の指(だと思ってください)

指の上と肉球を挟む様につまむと・・・
「にゅ〜ん」と爪が出てきますw

撮影のため向きは逆ですがこんな感じ〜
(協力:寝ていたうちの猫)

爪の切り方

やりやすい方法でいいと思いますが
私の切り方を説明します。
個体差があると思いますので参考程度にどうぞ

1)座った状態で自分のお腹と猫の背中がくっつく様に抱っこ
2)左手で前足の先を軽く握るように持って
親指と人差し指でつまんで爪を出す
3)神経まで切らないように慎重にパチン
4)2)と3)を左右前足&後ろ足の爪まで続ける

この時テーブルのへりにでも
後ろ足が踏ん張れるようにしとくと
安定感が増しますが〜
あくまでうちの場合ですよ

抱っこできない猫やすごく嫌がる猫は
獣医さんに切ってもらうか、相談しましょう〜
自分でできた方がいいですしね・・・

 補足)失敗するとど〜なるの?
以前さきっぽの神経も少し切っちゃったんですね・・・
「ギャッ!!!」と言って爪の先から血玉がぷくぅ〜暴れて噛まれて暴れて引っかかれて
逃げて暴れて噛まれて逃げて暴れて引っかかれて
(以下数回ループ)なんとか捕まえて動物病院へ
消毒して〜薬もらって帰ったのですが
以後、動物病院嫌い&爪切りを
極端に嫌がるようになりました。(涙)今となっては良い想い出ですが
慣れていない時は慎重に少しづつ切りましょうw

肉球のマッサージも兼ねて
爪のチェック忘れないでね〜〜〜w