猫のヒゲはすごいよ

猫のヒゲについて

抜けた猫のヒゲを見つけると
ちょっぴり嬉しくなりますよね〜♪

生え変わるのは半年に1回程度みたいです。

猫にとっては重要な役割を担ってるヒゲ
ご飯の後って顔を洗ってるというよりも
ヒゲの手入れをしているのかな?

若い猫ほど長くて〜歳を重ねるほど短かくなる・・・
そんな猫のヒゲについてです。

猫のヒゲ本数

口元のヒゲは約18本
目の上にもヒゲがあり約6本
頬骨(顔の脇)にも約2本

左右にですから約60本程度ってことですね
以外と多いんですw

猫のヒゲは空気を読む

顔の面積に対してかなり長い猫のヒゲ
体の毛よりも倍の太さがあります。
これらを全部広げると
顔や耳までの大きさをカバーするほどです。

このヒゲによって周囲の空気の振動を
感じることができます。

猫のヒゲはセンサー

子宮の中にいる子猫の毛で
最初に生えるのはヒゲだそうです。
生まれたばかりの子猫は
目も耳もまだ未発達で機能してませんが
ヒゲのみで周囲の状況を感知します。

猫にとってヒゲは とっても重要なんですね〜
高性能ソナーのような耳
高感度センサーのようなこのヒゲで
狭いところでも顔をぶつけないですし
獲物の動きも空気の振動で察知し、
顔からの距離を測った上で獲物を狩るんですね

さらに捕らえた獲物の体を包むように
ヒゲで囲み・・・ヒゲの感覚で
獲物の微妙な動きや体温を確認して
トドメを刺すんですね

これら全てを獲物を咥えたまま
ヒゲのみで確認します。

気分や体調も知らせる猫のヒゲ

・リラックスしてる時は真横
センサーOFFってことですね

・退屈だったり体調が悪い時は下向き
様子をみて〜もしかして遊ぶチャンスかも?

・怯えたりしてる時は後ろ
名前を呼んで安心させるといいかも?

・興味を持った時は前向き
センサー全開!!新しいおもちゃなどで確認してみて

・食事中は汚れないように後ろ
センサーの汚れは感度を下げる原因です

おおまかにこんな感じだそうです。
ヒゲでも猫の気持ちを読み取ることができるんですね。

絶対に切ったりしてはいけません

これだけ重要な猫のヒゲ。
まさか抜いたり切ったりしてないでしょうね?

猫のヒゲの根元にはたくさんの神経が
集中していますので抜いたら激痛!!!なはず?

さらにヒゲを切ると平衡感覚や
空間把握能力が失われますので物にぶつかったり
まっすぐ歩けなくなります。

ヒゲを無くすと新しいヒゲが生えるまで
暗くて狭いところに入ったまま動かなくなって
鬱になることもあるそうですよ

そんな猫のヒゲ〜
額に生えてるヒゲを軽く触れると
必ず目を閉じます。目を守る役割もしてるんです。

猫のヒゲってすごいね!
それに比べて人間のヒゲ・・・・w