猫の耳について

猫の耳について

猫の聴覚は五感の中で最も優れている

低音域については人とさほど変わりませんが
高音域になると人の3倍以上の音を聞き分けることができます。

・人=20Hz~20,000Hz
・猫=30Hz~60,000Hz

猫は20m先のネズミの足音が聞こえると言われてますし
家に帰ってくると玄関の前にいるのは
飼い主の足音を聴き分けてお出迎えしてくれてるのですw

ちなみに・・・
人の閉じた歯の隙間から短く息をはく音は
猫が威嚇する「シャー」って声と周波数が近いそうです
やっちゃいけないことをした時にお試しあれ

猫の耳は潜水艦のソナーと一緒

三角形の耳は音が何かにぶつかって跳ね返ってきたものかどうかとか
音源の高低・距離・位置などを正確に捉えることができます。
だから・・・動物病院へ行く時に
キャリングケースを出すだけで逃げるんだね・・・

両耳を別々に動かせる

猫の耳には27個の筋肉がついていて
レーダーのように自由に動かせます。
さらに耳の状態によって猫の気持ちが読み取れます。

耳がピンと立っている

何かに興味を惹かれている時です。
ご飯の音、おもちゃの音、
外出から帰ってくる飼い主の足音
これはうれしい?音なんでしょうけど~
キャリングケースを出す音、
外から聞こえる大きな音、
これらは警戒の音ですね
 

耳を寝かせている

安心してリラックスしている状態です。
撫でてあげたりする時や
寝ている時などになりますw
 

水平に若干後ろを向いている

怖かったり、大きな音に驚いたりして
不安で警戒している時です。
撫でたり名前を呼んだりして
安心させてあげましょう~
ちなみに・・・
水平で下を向いている時は降参のサインです。
 
 後ろに向かって平たくなっている 怒ってる状態です~
相手を威嚇したり
攻撃する時になります
 

こんな感じで耳の状態を見ると
猫の気持ちがうっすらわかりますよ~

怒る時は低い声で褒める時は高い声で

音の高低がしっかりわかる猫には声色で区別しましょう~
低い音は認識しにくく、高い音ははっきりわかるため
低い声の男性より女性の方が好きなのかな?

掃除もしましょう

日頃から耳掃除の意識をしておくといいですねw
耳をめくって汚れがないかの確認程度です〜

もし汚れてたら〜

ガーゼがいいですがティッシュでもOK
ぬるま湯で湿らせて奥の方から外に向けて
優しく拭き取りましょう。
あんまり奥まではやらなくていいですよ

定期的なケア

猫用の耳掃除洗浄液(イヤークリーナー)も
売ってますので月1〜2回を目安にするといいですね

触って傷とかがないかを確認
傷があったら動物病院へ行ってください
      ↓
耳に洗浄液をたっぷり入れる
猫の耳は液体が入らない構造です
      ↓
洗浄液が入っている状態で付け根を揉む
耳の奥の耳垢が取れます

ガーゼかコットンで洗浄液を吸い取る
キッチンペーパーでも代用可能

中の方は自然乾燥で終わり

嫌がる猫ちゃんには洗浄液を染み込ませた
ガーゼでも代用可能ですので
こちらの方がお手軽かもしれませんね

猫の耳って可愛いだけじゃなく
すごい能力を持ってますね!気持ちもわかるしw