眩しすぎます・・・

猫を飼われてる方で猫の写真を撮影しない人は
まずいないと思いますがw

猫にフラッシュはNGです

猫の撮影にはフラッシュ使っちゃダメですよ〜
特に仔猫はね〜もちろん理由はあります。
どっちにしてもフラッシュ使うと毛並みがきれいに撮れませんからねw

猫の目の構造

夜行性である猫の目は暗い場所でも
光を多く取り込める構造になっています。

猫の目は大きい

大きな水晶体とその大きな水晶体を覆う
分厚い角膜によって〜猫の目は大きいんです。

水晶体は少ない光を多く取り込み
綺麗に透き通った半円形の角膜は
光を屈折させて焦点を合わせるのです。

細かったり丸かったり〜

猫の瞳孔は明るい場所と暗い場所で
大きさ(太さ)が違いますよね?

それは瞳孔には光量を調節する役割で
人間の瞳と同じなんですね

ですが、猫の場合は暗い場所でも
まん丸(大きく)にして少ない光でも
物を見分けることが出来るんです。

網膜の裏に秘密が

猫の網膜の裏には輝板という細胞層があり
少ない光を反射して視神経に伝えます。

この輝板の働きにより
猫は人間の1/7程度の光でも物を判別できるのです。

カメラで言えば

レンズ ピント 絞り レフ板
水晶体 角膜 瞳孔 輝板

てな感じです。

どうしてフラッシュがNGなのか

上記の構造により少ない光でも
物を判別できる猫の目には・・・
フラッシュの光が強すぎるのです。

人でも振り向いた瞬間にフラッシュを
焚かれるとしばらく視力を失いますよね?

仮に突然では無いにしても
フラッシュを焚く=暗いところにいる

と、言うことは
猫は目の能力全開で光を集めています。

人間の7倍もの能力でフラッシュを凝視したら・・・・
視力低下や視力障害を起こす可能性もあります。

特に注意なのは
生後1ヶ月に満たない子猫
目の組織がまだ未発達な状態です。
フラッシュは絶対にNGです