飼い主の義務と責任

猫は犬のように自治体に登録する必要はありません。
猫の保護者は当たり前ですが飼い主であるあなたです。

健康で幸せな生活を猫に与える義務と
他人に迷惑をかけないという社会的な責任があります。

家族の一員である猫が人にケガをさせたり
迷惑をかけたりしたら飼い主であるあなたが
損害賠償などを支払うことになります。

論外ですが猫のお世話をきちんと行わず、
わざと衰弱させたり、捨ててしまったりすると
飼い主でも「動物の愛護及び管理に関する法律」
(動愛法)44条違反の罪に問われます。
(100万円以下の罰金刑)

と、まあ硬い文章で書いてみましたが
どれも当たり前のことですので

猫の保護者は飼い主であるあなた

ということだけ頭に置いておいてくださいね〜
(ちなみに私は猫の奴隷に近い立場になってますw)