アロマオイルは癒されない

アロマテラピーと猫

うちにも使ってないアロマデュフューザーがあるんですが
猫にとってアロマに使われるエッセンシャルオイル(精油)
毒以外の何物でも無いです。

どうしてエッセンシャルオイルが危険なのか

アロマテラピーに使われるエッセンシャルオイルは
猫にとって毒となる
「ユリ科」「バラ科」「ナス科」などの
植物を濃縮して作られています。
純度100%ものが「精油」です。

100%天然由来のものなんですが、
極度に濃縮されているため
人でも過度の使用は危険になります。

猫の肝臓にはグルクロン酸抱合という
重要な解毒機構が無いため

精油成分の一部が解毒できず
体内に溜まって悪影響を及ぼすのです。
濃縮されたものであれば尚更ですよね。

部屋でアロマは焚かない方がいい?

アロマを炊いた部屋で暮らしている猫の
肝臓の値が異常に高かったという症例はあるものの
まだ、はっきりとした研究結果などは出ていないようです。

しかし、
皮膚からの吸収や経口摂取による
健康被害は確認されています。

ですが、危険性を懸念する
獣医師さんもいらっしゃいますので
飼い主さんの自己判断で行ってくださいね

炊くのであれば絶対に猫が入れない部屋で
触れないように厳重に保管するとか注意が必要です。

体についちゃっても
グルーミングで舐めちゃいますので
気をつけてくださいね〜

うちではも〜禁止にしてますw